年金で過ごしていますが、市営住宅から民営住宅へ移転する事にしました。誕生日を多くむかえると、手すりのある建物がいいです。また、介護士が家に来てくれるサービス等が来てくれる家に住みたいという夢もあります。出来るだけ坊には、我慢させたくありません。転居をして、移動となった時には国民年金の住所変更届を提出する必然性があります。自身が加入者である「国民年金第1号被保険者」の例では新居住地の窓口に、被保険者住所変更届を提出します。「国民年金第3号被保険者」の事例では、配偶者が働く事業主に被保険者住所変更届を手渡さなければなりません。引越しにつきものなのが粗大ゴミ整理です。引越しの際に捨てるのは大変なことですから、早めに大きな粗大ゴミは捨てていったほうがよいと思います。荷造りを始めるのと同時期に粗大ゴミを処分すれば、後々、楽になります。処分する日を前もってチェックしておくのが安心です。単身赴任の引っ越しを先日行ったのですが、その際に、業者さんへお渡しする心付けをいくらにすれば良いかを家の者と相談しました。引っ越しといっても単身赴任のためのものなので小規模でスタッフは2人だけで、1時間ちょっとしかかからなかったですし、結論をいえばお茶を出してお礼を言ったくらいで心付けを渡すことはしませんでした。引越しの前日の作業として怠っていけないのは、冷蔵庫にたまっている水を抜くことです。排水の仕方が分からない人は最低でも冷蔵庫のコンセントを抜いておくことがおすすめです。当然、中身は取り出してください。そうでなければ、当日冷蔵庫が運べないかもしれません。おすすめサイト⇒和歌山市 引越し

コメントを残す

*